本当に安い!格安引越し業者ランキングHOME » 引越しを安くすませるための注意点 » 追加料金に注意!

追加料金に注意!

ここでは引越しの見積りを取った時に、追加料金の発生の有無や、どのような場合に追加料金がかかるのか、注意点をまとめました。

引越し業者の画像見積り時に想定していなかった事態によって、引越しには追加料金が発生する場合があります。どのような条件によって追加料金が発生してしまうのか、予め頭に入れておきましょう。

事前に正確な情報を引越し業者に伝えること。そして引越し当日になってあわてないよう荷造りや梱包などの作業は終らせておけば、追加料金発生!といった事態に陥ることなく、トラブル防止にもつながります。

また追加料金については、見積り時にしっかりと確認するようにしてください。

追加料金が発生する主な条件

荷物が多すぎて、運びきれない。

予定していたよりも荷物が多く、一度にトラックで運べない場合は追加料金がかかります。たいていの引越しでは、トラックに載せられる分だけの荷物を運ぶ積み切り契約になっています。ですからオーバーしてしまった荷物に対しては余分な料金がとられます。契約時に追加料金の内容について、しっかりと確認しておきましょう。

不用品やゴミが発生してしまった。

見積り段階では処分するつもりだった不用品やゴミが引越し当日でも片付かなかった場合、引越し業者で新居に運んでもらうことになります。つまり余分な荷物を運ぶことになり、増えた量によってはトラックのサイズ変更などが必要になるため、追加料金を求められることもあります。

準備不足で梱包作業を当日業者にお願いした。

引越し当日にも関わらず、荷造りや梱包作業が終っていない場合は、業者へ依頼することになるでしょう。この場合、それらの作業は有償サービスとなるので追加料金が発生してしまいます。

依頼者の都合で引越し時間が変更になった場合。

顧客都合で引越しの開始時間が大幅に遅れた時も、追加料金を求められる可能性があります。

引越し先で荷物の搬入ができなかった。

入り口から大きな物が入らなかったりする時は、クレーンや高所作業車を使って窓から入れる場合があります。見積り時に想定していないこのような事態には追加料金がかかります。