本当に安い!格安引越し業者ランキングHOME » 安い引越し実現のためハウツーガイド

安い引越し実現のためハウツーガイド

引越し業者の画像引越しが決まったら、まずは引越しを手伝ってくれる業者選びが次の仕事ですね。皆さんどうやって業者選びをしていますか?

テレビCMなどで派手に宣伝している会社などから適当に見積もりをして選んでいませんか?

もし少しでも引越し費用を安く済ませたいとお考えなら、そうした大手の引越し会社ばかりでなく、中小の業者も視野に入れてみて下さい。

引越しは価格とサービス内容を総合的に見比べることが大切ですが、中小の引越し業者の中には評判の高いところが数多くあります。

ネット社会ならではの口コミ情報で、今ではそうした業者を見つけ出すのも決して難しくはありません。

業者選びの際にどういった点に気をつければ良いかを、実際に引越しを多く経験してきた私が大事なポイントを紹介いたします。

安い料金で引越しをするにはコツがあります。ここでは引越しをする時期や利用する際の注意点、料金を節約する方法、割引プランの活用法など、安い引越し業者を探し出す方法についてアドバイスしたいと思います。

引越しをする時期編

引っ越しを安く済ませるために、時期を選ぶことはもっとも大きな要素になります。

引っ越し費用は時期によって実に幅があり、1番安い時期と一番高い時期を比較すると、倍以上の差が出ることも多々あります。

引っ越し費用を安く抑えたいという人は、引っ越しが少ない「閑散期」を狙うのがおすすめです。

仕事の都合で引っ越し時期を選べない場合は難しいですが、自分の都合で引っ越しをする場合は、時期を選ぶことができますよね。

引っ越し時期同様、賃貸物件であれば閑散期のほうが家賃なども安めに設定されていることがあるので、物件探しにおいてもおすすめです。

また、引っ越し日を引っ越し業者におまかせにすると、さらに費用を安くしてもらえることもあるようですので、この日でないと休みが取れない、ということでなければ、日時もおまかせにしてしまうとよいでしょう。

引越しをする時期編

安い時期を選ぶ

もっとも引っ越し費用が高い時期は、仕事での異動や入学など新生活が始まる3月前後。2月は3月に比べるとまだ安いですが、年間で考えるとそこまで安くはないようです。

もっとも安い時期は、引っ越しが落ち着いた5月や11月ごろといわれていますが、大型連休のある時期はやはり高めなので、平日に引っ越し作業を行えるのであれば、平日のほうが安く上がります。

さらに、引っ越し業者が荷物の搬出に来る時間を「おまかせ」にすると、引っ越し費用がお安くなりますので覚えておくとよいでしょう。

おまかせの場合、多くは午後の搬出になります。

午前中指定は人気があるので、少し高めに設定されているため、少しでも引越し費用を抑えたい人はぜひ「おまかせ」を選択することをおすすめします。

安い時期を選ぶ

日時をお任せにする

引っ越しをする際、何月に引っ越しをするかということについてはさすがに決まっていると思いますが、引っ越し業者に依頼をするときに、日にちと時間をおまかせにすると、より安く見積もりを出してもらえることが多いです。

トラックの開いている時間に効率よく複数のお宅を回れるようにできれば、業者もより利益が生まれやすくなるので、双方がお得というわけです。

そのため、引っ越しをするために仕事の休みを取る場合は、見積もりが出てから決めるのがおすすめ。

先に休みを取ってしまい、「この日しか空いていない」という流れになると費用が少し高くなってしまう可能性があります。

日時をお任せにする

引越し業者編

引越し業者を選ぶ際は、知名度が高いと安心だと思っている人が多いようですが、決してそんなことはありません。

むしろ、知名度の高い業者の場合、広告費用が上乗せされて引っ越し費用が高い場合もあります。

ただ、大手でも安さを売りにしている業者もありますので、値段についてはまずは見積もりをとってからになると思います。

また、よく知らない業者だと荷物の運び方が雑だったり、サービスの質が悪いのではと思ってしまうようですが、これも一概にはいえないのです。

大手の引越し業者の場合、多くの人が利用するために人が足りず、日雇いのアルバイトを雇っているところもあります。

日雇いの社員は責任感があまりない人もいるので、その場合は大手だとしても満足なサービスを得られないかもしれません。

サービスその他に自信のある引越し業者は、費用もその分高いことが多いですが、時期などによって安くお願いできることもあります。

よい引越し業者を選ぶポイントとしては、まずスタッフ全員が自社雇用の社員であることが重要です。

こうした業者はホームページでその旨をPRしていることが多いので、チェックしてみるとよいでしょう。

引越し業者編

大手?中小?安い引越し業者の選び方

引越し業者を選ぶ際は、大手よりも中小引越し業者のほうがお安く引き受けてくれる傾向にあります。

大手でも中には勉強してくれる業者もありますが、広告費用などをかけているので、中小引越し業者と比較するとどうしても高くなってしまうようですね。

大手に依頼するメリットは、サービスが充実していることや、全国どこでも引っ越しを依頼できることなどが挙げられます。引っ越しが多い人は、同じところで引っ越しをすると割引をしてくれる業者もありますので、大手のほうがお得感があります。デメリットはやはり中小引越し業者と比較すると費用が高い点です。

中小引越し業者のメリットは、なんといっても費用が安いこと、また大手よりもこなせる件数が少ない分、丁寧に作業してくれるところもあります。

デメリットは、大手は必ず引っ越しの荷物などに保険をかけているのに対し、中小引越し業者は保険をかけていないところもあるという点です。

ほとんどの業者は保険に加入していると思われますが、安さだけを重視して選んでしまうと、保険に入っていないところに当たってしまうかもしれないので気をつけてくださいね。

大手?中小?安い引越し業者の選び方

賢い値引き交渉のコツ

より引っ越し費用を安く抑えるには、やはり「値切り交渉」が不可欠です。

引越しにおける値切りの基本は、やはり「相見積もり」

相見積もりを取っていると申告すると、必ずどの業者も割安な見積もりを提示してくれます。

このため、できれば相見積の中でも最後に見積もりに行きたいと希望する業者もいますが、もしお願いしたい引越し業者のめどがついているのであれば、その業者を最後にお願いすると、お安く依頼できるかもしれません。

そして、相見積もりの際には「相見積もりを取っていて、その中でもっとも安いところにお願いしようと思っている」と伝えることで、先方も勉強してくれます。

値切り方で気をつけたいのは、常識範囲外の値切り方をすること。

赤字になってしまうような値切り方をすると、せっかく安くしてくれていたのに「では無理です」と手のひらを返されてしまうこともあるので、時期と相場を照らし合わせた上で検討してください。

賢い値引き交渉のコツ

引越しの荷物編

引っ越し費用を安く上げる方法のひとつとして、「荷物を減らす」というものがあります。

ファミリーの引っ越しよりも単身の引っ越しの方が費用が安いのは、やはり荷物が少ないからにほかありません。

単身でも荷物が多ければその分費用は高くなりますので、少しでも荷物を減らして引っ越し費用を安くしましょう。

引っ越しは断捨離のもっともよい機会でもありますので、これを機に不要なものはどんどん処分し、身軽になるのもよいと思います。

引越しの荷物編

あらかじめ荷物の量を減らす

引っ越し荷物を減らす際に、必ずやるのは「不用品の処分」です。

いるものといらないものを分けるところから始まりますが、まずいるかいらないのか判断できない、という人が意外と多いのではないでしょうか。

不用品の切り分け方は、部屋ごとに考えるのがベスト。

まずキッチンのものを一つひとつ確認し、いるかいらないのかを考えます。ほとんど使っていない調理器具などは、思い切っていらないものに分別してしまいましょう。

こうして不用品が出たら、かなり傷んでいるものは処分することになりますが、多くのものはリサイクルショップで引き取ってもらえます。

高値がつくことは少ないかもしれませんし、ものによっては値段がつかないこともあるかもしれませんが、ゴミに出すよりもよいですし、大物であれば粗大ゴミに出す費用を節約することができます。

自宅まで見積もりに来てもらえますので、まずは問い合わせをして見積もりを依頼してみましょう。

あらかじめ荷物の量を減らす

自分で運んで節約

どうしても荷物を減らせない人は、引っ越し先が近ければ自分で運んでしまうという手もあります。

すべて自分で運ぶことは難しくても、ダンボール類は車があればちょこちょこ運び出すことができますね。

自分で運ぶ荷物の優先順位は、貴重品などが挙げられます。

そもそも貴重品は引っ越し荷物で運んでもらうことができないので、自分で運ばなければなりません。

通帳類などはもちろんですが、壊れたら困るものなども自分で運べば安心ですし、引っ越し費用の節約につながりますね。

そのほか、新居で使うために購入するものは、通販などを利用して新居あてに送ってもらうのもよいと思います。

トイレットペーパーや洗剤類などは先に新居で手配してしまいましょう。

そのほか、洗面用具や当座の着替えなど、ダンボールに埋もれてしまうと困るものも事前に運んで見分けがつくようにしておくと、引越し当日に慌てずに済みます。

自分で運んで節約

割引プランを上手に利用

引っ越し業者は、いろいろなキャンペーンや割引システムを導入していることが多いです。

見積もり時に、それぞれの引越し業者でどういった割引をしているのか事前に聞いて、条件が合うものがあればそちらを利用することで、引っ越し費用を安く抑えることができます。

前回と同じ引越し業者を利用する場合は割引をしてくれるところが多いですし、会社の転勤などで引っ越しをする場合、登録している会社だと割引してくれるところもあります。

また日時をおまかせにすると割引してくれたり、荷物の搬出や搬入は自分で行い、トラックと運転手だけお願いするというサービスを導入している業者もありますので、自分n引っ越しスタイルと照らし合わせてよりよい割引システムを利用してみましょう。

割引プランを上手に利用

引越しで問題になるエアコンの取り付けと取り外し費用

それまでの住まいでエアコンを購入して設置していた場合、エアコンも一緒に引っ越しするとなると、引っ越し費用が高くなることがあります。

エアコンを取り外す場合は2万円程度の費用がかかり、引越し先で設置する場合はさらに1万円程度かかることが多いので、合わせるとエアコンの引っ越しで3万円もの費用がかかる可能性があるのです。

エアコンは安いものではないので、新しいエアコンであれば一緒に引っ越しするほうが買い直すよりも費用はかかりませんが、5年以上経過したエアコンの場合は、それまでの住居に置いていくことが可能であれば、置いていって買い直したほうがお得だといわれています。

通常、賃貸物件は原状回復をした上で退去するのが決まりとなっていますので、エアコンを置いていくことができない物件が多いですが、ケースによっては可能だったり、賃貸物件でなければ置いていくことができる場合もありますので、管理会社や大家さんに確認してみるとよいでしょう。

引越しで問題になるエアコンの取り付けと取り外し費用

引越し費用削減!単身者に最適の「ミニ引越し」を解説

単身の引っ越しで、さらに荷物が少ない人は、「ミニ引越し」というプランを利用すると、引っ越し費用を格安に抑えることができます。

ミニ引越しとは、冷蔵庫などの大物があるので自分ですべての荷物を運ぶことは難しいけれど、大物プラスダンボール数箱しかないという人に向けて、格安で提供している引越しプランです。

大手の引越し業者ではサービスを提供しているところが多いので、いろいろな業者を比較して見積もりをお願いしてみるとよいでしょう。

相見積を取ることで値切り交渉ができるので、必ず相見積もりを取ることは忘れずに。

引越し費用削減!単身者に最適の「ミニ引越し」を解説

引越しに関する手続き&ToDoリスト

引っ越しでやらなければならないことは荷造りだけではありません。

引越し業者の手配はもちろんですが、水道やガス、電気などの解約と、新居の開通手続き、お子さんがいる場合は学校の転校手続き、郵便の転送設定、役所への転居手続きなど、実にたくさんの手続きや手配が必要です。

これらのToDoは、絶対に忘れてはいけないものばかりですので、必ずリスト化し、消化したら潰していくという形で一つひとつ確認しながらこなしていきましょう。

引越しに関する手続き&ToDoリスト

格安ですぐに引っ越すための4つの方法!

格安での引越しを実現するためには、まず引越しの「一括見積もりサービス」を利用してみましょう。

引越しサービスは、業者によって費用設定にかなり差があるため、いろいろな業者の見積もりを出して比較検討するのは必須です。

一括見積もりサービスなら、入力フォームに荷物の量や引越し場所、予定日などを入力することで、まとめて見積もりを出せる上に、すぐに費用を比較検討できるので、とても効率的です。

次に、不用品を処分して荷物をできるだけ少なくするのもポイント。

お友達に譲るなどの方法もありますが、リサイクルショップにまとめて売りに行く、出張買取サービスを利用するというのが、多少のお金が手に入ることもありおすすめです。

引越し先が近く、ある程度の大きさの車を所有しているのであれば、できるだけ自分で荷物を運んでしまうのも引越し費用を安く抑えるコツです。洗濯機や食器棚など大きいものは難しいですが、衣類や小物などを中心に運搬すると良いでしょう。

急な引っ越しであれば、時間指定をしない「フリー便」を利用することで引っ越し費用を抑えることができます。時間に余裕があるなら、ぜひフリー便を利用しましょう。

格安ですぐに引っ越すための4つの方法!