本当に安い!格安引越し業者ランキングHOME » 安い引越し実現のためハウツーガイド » 賢い値引き交渉のコツ

賢い値引き交渉のコツ

このページでは格安で引越しするための、引越し業者への値切り方を紹介しています。

格安で引越しするための業者への値切り方

引越し業者の画像見積もりをとった業者にただ安くしてくれと一点張りでいっても、なかなか思うような金額にはならないものです。

納得のいく適正な引越し料金にするためにも、正しい値切り方をマスターしておきましょう。ちなみに引越しでは、値引き交渉は当たり前。むしろ業者は値引きされるものだと思って、最初は高い料金を提示してくるものです。ですから臆せず値引き交渉に望みましょう。

事前に引越し料金の相場観を頭に入れておくべきです。ネットでは一括見積もりサイトもあって簡単に複数社の引越し見積りをとれるので利用してみて下さい。

何社か目星をつけたら、営業スタッフにはっきりと「複数の見積もりをとった中で、1番格安のところに決める」と伝えること。こうしておけば相手も料金を重視するお客さんだと思い、値引き交渉がスムーズに進むでしょう。

交渉を長引かせてもいけませんよ。あまり時間をかけていると、希望する引越し日がどんどん埋まってしまい交渉どころではなくなってしまうからです。

別ページでも解説していますが、引越し日時の指定がないならば引越し料金が安くなる月、曜日など業者サイドの都合に合わせるかわりに料金を安くしてもらうというのも交渉手段になります。

時期的には4月後半から夏場にかけて。曜日は日曜の午後〜平日。そして時間もフリーでお願いすれば最安値に近づくでしょう。あくまで業者さんの都合を最大限顧慮するという点がポイント。

業者都合を聞き入れてあげるのだから、料金面で配慮して欲しいといえばいいのです。引越し業者も暇な時間をあけておくのはもったいない訳ですから、こうしたフリーで任せてくれるお客さんはとても有り難い存在になる訳です。

あまり極端な値引き要求にはこだわらないように注意も必要ですよ。適正な引越し料金がありますから。最安値にこだわるあまり、料金が安くなっても、その分サービスが劣ってしまい、雑に家財道具を扱われたり、レベルの低い作業員をあてがわれては目も当てられませんからね。