本当に安い!格安引越し業者ランキングHOME » 安い引越し実現のためハウツーガイド » 安い時期を選ぶ

安い時期を選ぶ

ここでは引越しの相場を考察し、料金が安い時期や日や曜日などを割り出してみました。

安い時期に引越して、費用を浮かせるコツ。

引越しには定価がありません。業者によっては依頼する時期によって、料金が1.5倍〜2倍近く変わってくることもまんざら珍しいことではあえません。

安い時期(月・日・曜日)を選ぶことは、上手に引越しするコツなのです。料金が安くなる時期は、引越し業者への依頼が少なくなる閑散期です。つまりみんなが引越しをするような繁忙期を避けて引越しをすれば良いわけです。

具体的にはいつぐらいが良いか。実例をあげて解説してみましょう。

ズバリ!引越しの安い時期を大公開。

では実際に引越しにかかる費用相場が安い時期を月や日、曜日別に解説していきましょう。

引越しが安い月は?

引っ越しカレンダーのイラスト実は6月は狙い目。というのも祝日が1日もなく、引越しを考える人が少ない時期だからです。丁度梅雨に入るため、引越しのオフシーズンと言えます。続いて7月も比較的オススメ。夏休みに入ってから引越しをする人が多いので、前月は引越し業者も空いている場合が多いようです。

会社の異動スケジュールをみてみると12月位がピークを迎えるため、その前の11月もオススメです。気候的にも安定していて引越しにはベストシーズンと言えるのではないでしょうか。さらに新年早々の1月も引越しする人があまりいないため、閑散期になるので費用相場を考えると引越しが安い時期になります。

狙い目の日や曜日はいつか?

一般的にみて、平日に引越しをする方が安く、土日は割高になります。これは土日に引越しが集中することからみても分かりますね。

日取りでいえば月末は引越しが集中するようなので、引越し依頼が減る月初から中旬くらいまでが狙い目です。特に月の最終週の1週間前の週は費用面で考えれば高くなるので注意が必要ですよ。

さらにこだわるなら時間帯も考えましょう。多くの人は午前中に引越しを終らせて、午後は新居で整理したいと考えるものです。だから午後や夕方の時間帯で構わない旨を業者に伝えれば、引越し費が安くなるでしょう。

安い時期に引越しをしたいなら月・日・曜日・時間帯をチェックして最も安いタイミングでスケジュールを組んでみてください。