本当に安い!格安引越し業者ランキングHOME » 安い引越し実現のためハウツーガイド » 割引プランを上手に利用

割引プランを上手に利用

ここでは格安での引越しを実現するために、引越し業者が提供している各種割引プランを利用する方法を紹介。

格安で引越ししたいなら業者に割引プランを聞くべし!

引越し業者の中には、利用料金が格安になる割引プランを用意しているところが多々あります。基本は業者の都合にあわせることになりますが、その分料金面で優遇してくれるので、条件が合えば利用しない手はありません。

見積もり時に割引プランがあるかどうかも、確認してみてください。

格安で引越しできる割引プラン例

引越しのトラックの画像

[他の人の荷物とまとめて送ってもOKなら→混載便]

同じ地域や方面へ引越しする人の荷物をまとめて送っても大丈夫なら、混載便を利用すれば料金は格安になります。

まとめることで、人件費やトラックの燃料費・高速代などが分担されるからです。ただし、ある程度同じ方面への荷物がまとまらないと搬送できないため、到着日の指定が出来ない場合が多いようです。

[日時お任せでもOKなら→帰り便]

引越し業者が他の人の荷物を運んだ後に空になったトラックで運んでもらうのが帰り便です。業者としても空のトラックを利用してもらえる訳ですから、その分料金面で利用者に還元されます。

主に長距離の引越しで活用されています。ただこちらも空っぽのトラックが手配できるかどうかスケジュール調整は業者任せになるため、日時指定は難しいでしょう。

また大手引越し業者は全国に営業所やトラック保管先を構えているため、帰り便をやってないところもあります。帰り便をねらって格安・割引引越しを考えるなら、新居にある地元密着の中小業者がオススメです。

[時間は業者に任せてもOKなら→フリー便]

人気のない遅い時間でも大丈夫というなら時間指定ができないフリー便も料金が格安になります。一般的に遅い時間程料金が割引されるでしょう。フリー便は日にちだけを指定して、当日業者の都合のよい時間に来てもらうプランになります。

[なんでも自分でやるなら→チャーター便]

荷物の搬出・搬入で引越し業者を使わないならチャーター便が格安になります。トラックとドライバーのみ用意してもらい、搬送の部分だけを任せます。荷物の搬出や搬入は自分や友人たちだけでやるなら利用価値があります。

割引プランやキャンペーンがある引越し業者を4つ紹介

引越し業者

引越し業者にはいろいろな割引キャンペーンを提供しているところがたくさんあるので、上手にキャンペーンを利用することでお得に引っ越しができます。

こちらでは、割引キャンペーンを展開している引越し業者を4つ、キャンペーンとともにご紹介していきます(すべて2018年1月に調べた内容を掲載しています)。

アーク引越センター

アーク引越センターはお得なサービスとして、月の半数以上の日で料金の10~30%の割引が行われます。公式ホームページの「引っ越しお得日カレンダー」を見れば、対象日をチェックすることが可能です。

また、引っ越しする人数に合わせたプランが複数用意されており、ひとり暮らし向け、カップル向け、ファミリー向けに大別できます。

カップル向けのシニアプランは、対象が60歳以上のみとなっているものの、引っ越し料金が20%割引になるとてもお得なプランです。

どのプランでも、ダンボール50枚無料、ふとん袋2枚無料、ハンガーボックス5個無料、毎月1日~20日の特別割引(土日・繁忙期は除く、シニアプランは日にち問わず20%割引)といった、特典が付いてきます。

アート引越センター

引越し業者の大手、アート引越センターでは、主に「インターネット限定特別割引」、「引越し待ち割キャンペーン」、「フリー便の利用」の3つの割引を行っています。

「インターネット特別割引」は、その名の通りインターネットから見積もり依頼を申し込むことで適用される割引です。

引越し料金が通常の半額となる「引越し待ち割キャンペーン」では、少なくとも希望した日の前後2日の期間中で行われるため、希望する引っ越し日から3日以上ずれ込んだり、早まったりすることはありません。ただし、3月中旬から4月中旬の間は利用できない場合があり、高速料金やフェリーの料金については対象外となりますので、詳細な内容については事前にしっかりと確認をしておきましょう。

また、引越し日の変更が難しい方でも、時間指定のない「フリー便」を利用することでお得な料金での引越しが可能です。

さらに「学割パック」では、プラン独自の割引の他に、前述の3つのサービスも併用することができますので、上手く組み合わせることで引越し料金を格安に抑えることもできるでしょう。

割引プランの一例

プラン名 概要
インターネット限定特別割引
  • ホームページから引越しの見積もりをすることで通常料金から特別割引される
  • 見積もりは無料
引越し待ち割キャンペーン
  • 引越日をおまかせにすることで通常料金の半額になる
  • 引越し希望日は指定でき、希望日の前後2日で引越し日が決定する
フリー便
  • 午前中の引越し作業が終了した便を利用
  • 作業開始時間が決まっていないため、指定便より割安になる
学割パック
  • 学生であれば特別料金になる
  • もれなくカーテンをプレゼント

アリさんマークの引越社

アリさんマークの引越社でも、60歳以上の方を対象にした「シニア割引」、インターネットからの見積もり申し込みが対象の「インターネット割引」、紹介する人とされた人両方に特典のある「紹介プレゼントキャンペーン」など、様々な割引キャンペーンを展開しています。

また、アリさんマークの引越社には、業界初の「長距離エコリーズナブルパック」という、ちょっと変わったお得なプランもあります。このプランはJRコンテナ便を利用して荷物を運ぶため、低コストと低エネルギーを実現。もちろん引越し料金にも反映されます。

これらのサービス以外にも月の前半を中心にお得日が設定されており、該当日(公式ホームページのカレンダーでチェック可能)は割引料金になります。

なお、各割引サービスは、組み合わせや時期によっては利用できませんので注意が必要です。詳しくは店舗にお問い合わせください。

割引プランの一例

プラン名 概要
シニア割引
  • 60歳以上であれば基本料金より30%割引
  • 引越しをする人の中に1人でも60歳以上の方がいれば適用可能
インターネット割引
  • インターネットからの見積もり申し込みで10%割引
紹介プレゼントキャンペーン
  • 引越し予定の知人や友人を紹介するだけで、紹介された方の引越し料金が5%割引になる
  • 紹介した方には日用品やお菓子などの中から好きなものを1つプレゼント
長距離エコリーズナブルパック
  • JRコンテナ便を利用することで引越し料金が割安になる

サカイ引越センター

サカイ引越センターは、近年になり割引サービスに力を入れ始めた引越し業者です。

公式ホームページには赤字覚悟の特別料金で引越すことのできる日がわかる「お得な引越カレンダー」があり、さらに平成30年1月からはLINEからの見積もり依頼で20%割引きになるクーポンも配布しています。

不用品の買取サービスも行っており、業者が用意したダンボールに収納できるサイズの品物が対象です。インターネットや郵送で査定してもらえるので、なかなか時間が取れない方でも気軽に利用することができるでしょう。不用品が思わぬ高値で引き取ってもらえれば、引越し料金の足しになるはずです。

そのほかの特典としては、料金を割引くものではありませんが、見積もりを依頼するとお米がプレゼントされたり、引っ越しを利用するとWAONポイントやPontaポイントをもらえたりするなどの特典があります。

引越し料金はかなり高額になる場合が多いので、これらのポイントカードを利用している人は、ポイントがたくさん貯まってお得に利用できます。

さらに、リピーターとして利用することで特別料金での引越しも可能となるため、転勤などで頻繁に引越しをする方にもおすすめです。

割引プランの一例

プラン名 概要
お得な引越カレンダー
  • 公式ホームページのカレンダーに記されているおトク日に引っ越しを行うと特別料金になる
LINE見積り割引
  • LINEからの見積もり依頼で20%割引クーポンプレゼント
  • 3月15日~4月15日は利用不可
リピーター割引
  • リピーターには特別料金が適用される
  • 公式ホームページのリピーター専用見積もり依頼より見積もりが可能

安く引っ越しするためには見積もりも大切!

見積書の内容は最終確認前なら変更可能

見積もり

一度見積書を出してもらっても、最終確認前であれば変更が可能となります。

ここでいう最終確認とは「標準引越運送約款」第二章の

"当店は、見積書に記載した荷物の受取日の二日前までに、申込者に対して、見積書の記載内容の変更の有無等について確認を行います。"[注1]

のことで、最終確認が行われていなければ引っ越し日の3日前でも見積書の内容を変更できるのです。

ちょっとしたプランの変更や追加であれば、引っ越し業者も快く引き受けてくれるでしょうが、直前の大幅変更は引越し日の変更を求められることもありますので注意。

また最終確認後の変更は、業者側とお客側双方の合意が必要になりますので、必ずしも要望が通るとは限りません。

双方気持ちよく引越しを進めるためにも、最初からきちんと条件やプランを業者側に伝えたうえで見積書を出してもらう必要があるでしょう。

どうしてもプランの変更があるのなら、なるべく早い段階で業者に申し出てください。

[注1]国土交通省:標準引越運送約款(平成二年運輸省告示第五百七十七号)[pdf]

割引キャンペーンを使用するときは特に注意

「学生割引」や「リピーター割引」など、お客側がきちんと申告しなければ、業者側に利用の意思が伝わりにくいタイプのキャンペーンは、見積もりが出た時点でそれらのキャンペーンが反映されている料金なのかしっかりと確認しておきましょう。

たとえきちんと申告をしたつもりでも、うまく担当者に伝わっていなかったり、担当者が忘れていたら意味がありません。

前述したように、直前の変更になると不都合が起こる可能性がありますので注意してくださいね。

各業者のキャンペーンをしっかりと理解していれば交渉が有利になる

引越し業者の訪問見積もりの担当者との交渉の際、各業者の細かい見積もりや割引キャンペーンの内容を知っていれば、「A社だとこういうキャンペーンがある」、「これだったらB社のプランの方が得だな~」などと、他業者の利用をほのめかすことで、交渉を有利に運べます。

たとえ値引きできなくても、無料ダンボールの数が増えたり、家電のセッティングが無料になったりといったサービスを受けられることがあるでしょう。

いくつかの業者の訪問見積もりを受ける場合は、本命の業者をラストにするのがお勧めです。あらかじめ交渉した結果、他業者が限界まで値引きした料金を知ったうえで本命業者と交渉できるからです。

>>トップページへ戻る