本当に安い!格安引越し業者ランキングHOME » 安い引越し実現のためハウツーガイド » 自分で運んで節約

自分で運んで節約

ここではやれるところは業者任せにせずに自分で作業するlことで、引越し費用を節約するプランをまとめました。

自分で運んで、引越し費用を節約。

引越しの荷物を運ぶ男性の画像引越しでは大まかに分けて、全て業者に任せてしまうプランと荷造りや荷解きは自分たちで行なうプランがあります。

当然自分たちの手でやる作業が多ければ、その分引越し費用を節約することになり、お得です。引越し費用を安く抑えたいというのであれば、自分たちでできることは自分たちですること。

搬出・搬入のみを引越し業者にお願いして、後は自分たちで荷造り・荷解きする旨を見積もり段階できちんと伝えてください。その際にTVやパソコン、洗濯機といった電化製品の取扱はどうするかもきちんと確認しましょう。電化製品は素人がいじると故障やトラブルの元。こうした大型の電化製品は引越し業者が梱包作業までを行なってくれる場合は、任せてしまった方が賢明でしょう。

自分で運べるモノを選ぶ基準は、引越し先の新居でスグに使うものや他人に任せたくない貴重品などでしょう。

新居ですぐ使う物は、清掃用品やトイレットペーパー、スリッパ、宿泊用具、着替え、洗面用具などです。これらが他の引越し荷物のダンボールに埋もれていたら探し出すのも大変ですからね。身近に使えて、すぐ必要なモノは自分で運んでしまった方が良いですよ。

時計やアクセサリーなど、高価なものも業者任せにしないように。大切なモノが壊れてしまってはもともこうもありませんからね。

実録シミュレーション。業者 VS セルフ引越し

引越し業者へ支払う引越し料金は、実は引越しの距離だけではなく、荷物の量によってもかわってきます。ですから大きなトラックが必要になれば、その分引越し料金は高くなってしまうのです。

だから自分で運べるモノは、自分で運んでしまった方が節約になるという訳。ここでは実際に業者に全てお任せした場合と自分で運べるモノは運んで荷物を減らした場合の料金見積もりの差をシミュレーションしてみました。

高く費用がつきがちな引越しシーズンや土日を避けて、さらに平日の午後でもOKといって見積もりを依頼。全てお任せした場合、最初に提示された金額は6万円前後でした。ここからどれくらい見積りが下がるものか…。

引越し業者へは、ベッドやテーブルといった大型家具や電化製品のみをお願いすることに。2tショートのトラックに収まるくらいの分量です。こうして絞ってお願いしてみると、なんと3万円前後の見積もり提示がされました。なんと、半分の費用です。

衣類とか細々したものは自分のクルマで運んでしまえば、かなり引越し費用を抑えることができるのですね。