本当に安い!格安引越し業者ランキングHOME » 安い引越し実現のためハウツーガイド » 大手?中小?安い引越し業者の選び方

大手?中小?安い引越し業者の選び方

大手と中小それぞれの引越し業者のメリット・デメリットを紹介して、どちらが安いか、料金面を比較してみました。

安い引越しを考えるなら、中小業者に注目すべし!

引越し業者の画像結論から言ってしまえば、料金面と対応の柔軟性で融通の効く中小の引越し業者がオススメです。

大手・中小それぞれにメリットやデメリットがあるので詳しくみていきましょう。要は自分たちの希望や志向にあった業者を選べばトータルで見た時、ベネフィット感が得られるでしょう。

大手引越し業者のメリット

大手業者は多くが分業制を採用していて、営業スタッフと実際に引越し作業する人が異なります。営業の方が事前に自宅に訪問して、荷物の量などを見てから見積もりをします。引越しの手順などもきちんとマニュアル化されているので、システマチックに段取りよく引越しが進められます。

専用のダンボールなどもあって、梱包も上手。もちろん荷物の運び入れなどで、部屋や建物に傷がつかないように配慮もしっかりとしています。

最近ではサービス面でも各社様々な取り組みがなされています。引越し後の清掃や荷解きまで全て任せる事も可能です。

大手引越し業者のデメリット

やはり中小の引越し業者と比べて料金は割高になるでしょう。荷物の量によっては派遣される作業スタッフの人員も多くなるので、どうしても料金は高くなってしまいます。料金面では大手業者は分が悪いといえるでしょう。

また作業する人が実際には下請けの業者である場合もあるので、見積もり時に確認してみてください。

下請け業者の中には教育が行き届いていないところもあり、料金が高いわりには雑な引越しをされてしまったということもあります。大手業者にお願いする場合は、この点はしっかり確認しておいてくださいね。後々のトラブル防止にもなりますから。

中小引越し業者のメリット

何よりも大手引越し業者と比べて料金が安いのが最大のメリットです。ここで心配なのが安かろう悪かろうという不安ですね。中小の引越し業者の中には低料金にも関わらず、大手並みのサービスを提供しているところもあるので、探してみて下さい。

基本料金が低料金にもかかわらず、さらに値引きが期待できるところもあります。実際に繁忙期を外して依頼してみると、かなり安い金額になることもざらではありません。

数多くの引越しを経験してきたプロの作業員が多くいて、テキパキと手際よく作業してもらえます。料金が安くても、大手と変わらないサービスを提供している業者が狙い目です。

中小引越し業者のデメリット

たいていの引越し業者は作業に保険をかけていますが、中小の引越し業者の中にはこの保険をかけていないこともあります。これは見積もり段階で必ずチェックすること。トラブルや破損などがあった時、困る事がないようにしてください。

教育面で行き届いていない人員にあたると嫌な思いをするかもしれません。作業態度・言葉遣いなど、スタッフの当たり外れがあるところも中小引越し業者のデメリットでしょう。

長距離引越しを安く抑えるなら混載便に対応している業者がおすすめ!

長距離引越しは自ずと料金も高くなってしまいます。家族連れなど、荷物が多い場合はなおさらですね。

引越しにかかる金額は基本料金に加え、トラックのチャーター時間にかかる費用や燃料費、人件費、時間指定などのオプションも別途必要です。

そのため、多くの引越し業者の場合長距離での引越しは○キロごとに○円追加…と、どんどん料金が上がっていく仕組みになっています。

長距離での引越しを少しでも安く抑えるには、オプションをつけない、繁忙期を避けるなどがありますが、どうしてもオプションをつけなければいけなかったり、転勤などの都合で繁忙期と重なったりしてしまうことは多いですよね。

そんなときにおすすめなのが混載便です。混載便とは何か、詳しく見ていきましょう。

他の荷物をトラックに積み込む混載便は費用を抑えられる可能性が高い!

混載便とは、引越しに使うトラックに、他の引越しする人の荷物も詰め込んで運んでもらう方法のことです。

通常引越しは、一台から数台のトラックを貸し切って荷物を運んでもらいますが、そうなるとどうしてもトラックに空きができてしまいます。その分の費用までも負担することになってしまうので、特に長距離の引越しだと費用を余分に払わなければならなくなってしまいます。

混載便を利用して他の人の荷物も一緒に積み込むことで、トラックのチャーター代や人件費、燃料費などを割り勘で支払うことができるため、費用を抑えることができるというわけです。

混載便ならトラックのチャーター代が最大で半額に!

では、混載便を利用すると具体的にはどれくらい引越しの費用を抑えることができるのでしょうか。 一般的に、トラックのチャーター代だけで考えても、混載便を利用することで30%〜50%料金を安くすることが可能です。

やはり時期によって金額にはバラつきがありますが、繁忙期でも30%程度費用を抑えられますので、長距離の引越しをお考えの方が混載便を利用しない手はありませんね!

混載便は引越し完了までに1週間程度かかることも……

混載便の引越し完了までの流れを確認していきましょう。

まず、日程を調整します。依頼した日に荷物をすべて引き取ってもらったら、2件目、3件目の依頼まで荷物は引越し業者が預かることになります。すべての荷物を集めた時点でようやく出発という流れになりますので、到着は最速でも翌日、最悪の場合は1週間以上かかることもあります。その間のホテルの確保や衣類の用意など、十分に生活できる準備を整えてから依頼しましょう。

「ホテルに何日も泊まらないといけないなんて、ほんとに安く済むの?」と思われた方もいらっしゃるかと思いますが、当然の疑問ですよね。実際はどうなんでしょうか。

時期によっても大きく異なりますが、トラック一台を貸し切った場合はおよそ12万円〜24万円もかかります。しかし、混載便を利用すればその30%〜50%の費用を抑えられるわけですから、繁忙期を避ければ6万円〜12万円安くなる計算になります。

東京にあるビジネスホテルの一泊の相場は約7,000円とされていますから、一週間宿泊したとしてもプラスで2,4000円かかるだけです。十分なコスト削減になりますね。

荷物到着までの費用を少しでも抑えたい場合は、実家や友人・知人の家に泊めてもらうのも手です。

混載便は費用を抑えられるのが最大のメリット!

混載便のメリットをチェックしていきましょう。

混載便の最大のメリットは、なんと言っても費用をかなり抑えることができる点です。混載便を取り扱っていない引越し業者も多いため、事前の確認は必須。さらに混載便の名称は引越し業者によって違うため、事前に「混載便のようなサービスはありますか?」と聞いておくといいでしょう。

混載便は日時が指定できず、荷物の紛失の可能性がある点がデメリット

では反対に、混載便にはどんなデメリットがあるのでしょうか。

まず、混載便は一緒に積み込む依頼者がいなければ利用することができません。そのため、日時は指定できないと考えておいたほうがいいでしょう。引越しする時期まで余裕がある場合でなければ、混載便を利用するのは難しいかもしれません。

また、そもそも混載便を用意していない引越し業者も多いです。特に小さな引越し業者は依頼者が集まりにくいため、混載便を用意してもなかなか同じ時期に同じ場所へ引っ越す人を探すことができません。

さらに、混載便ではトラックの中を仕切ったり、カゴに入れて荷物を分けたりして、荷物が混合しないようにはしているものの、トラックを貸し切るよりは荷物の紛失や入れ違いが起こりやすくなってしまいます。

あらかじめダンボールの数を数えておく、名前を書いておくなど、紛失防止を心がける必要があります。 混載便を利用する際はこれらのデメリットに注意して、賢く利用しましょう。