本当に安い!格安引越し業者ランキングHOME » どっちがお得?自力VS引越し業者を完全比較! » 費用で比較

費用で比較

ここでは自力で引越しした場合にかかる費用と業者に依頼した場合の利点や費用を比較してみました。

それぞれの利点

自由にやりたいのならば自力での引越し

日程、荷物の量等あれこれ制限があるのが嫌な場合、「自力で引越し」という選択肢もあります。荷物の運搬は特別な資格が無ければ行ないものではありません。昨今は軽トラック程度であればレンタカーにラインナップされています。また、近場であれば自家用車であっても何往復もすることで荷物を運搬することが可能です。業者と話し合いをする必要もなく、業者から色々と注文を受けることもありません。すべて自分の好きなように行える点が大きなメリットでしょう。

破損を気にする場合は業者に依頼する

自分での引越しは、いわば「自己責任」です。そのため、もしもですが物を壊してしまった場合でも、誰かが保証してくれる訳ではありません。また、物ではなく家屋が破損した場合、賃貸であれば退去時に何らかの補填を行う必要があります。マイホームであれば、自分で修理業者に相談したり自分で修復したりしなければいけません。

業者の場合、破損が出ないよう細心の注意を払って引越しを行ってくれます。破損を気にするのであれば、自ら行うよりも業者に依頼した方が良いでしょう。業者は引越し作業のプロであると共に、引越しに保険をかけています。万が一破損があった場合でも、状況によって保険金が支払われるでしょう。

面倒なら業者に依頼したほうが良い

自力での引越しは、いわば「お金をかけて業者を選ぶか、あるいはお金をかけずに自分で手間をかけるか」の選択肢になります。例えば、引越し先が近くて荷物の量が少ない。かつ休みが取りやすい環境であれば手間もかかりませんしスケジュールの問題も解決できるので、自分での引越しも可能かもしれません。

しかし、引越し作業が手間だったり、あるいは肉体作業に自信がなかったりなど、自分での引越しが難しい場合は、業者に依頼して手間をかけないようにするのが良いでしょう。

業者に依頼するなら見積もりを複数取っておくべき

引越し業者に依頼するのであれば、複数の業者に見積もりを取ってもらうことが大切です。一社だけに見積もりを取ってもらったとしても、提示された価格・条件が適切なものなのか分からないと感じるでしょう。様々な業者を比較することで、どの業者が良いのかはもちろん、ある程度「業界の相場」も見えてくる筈です。

相場を理解すると共に細かい条件を吟味できるので、自分の引越しはどこに依頼するのがベストなのかも自ずと見えてきます。価格やサービス面だけではなく、自分に対してどのような応対をしてくれるのかなどもチェックできるでしょう。

自力で引越しと業者利用はどちらがお得?

費用面で考えたら自力で引越しをする場合と業者を利用した場合とではどちらがお得か、実際に料金例を算出して考えてみましょう。

自力で引っ越す場合

  • 単身者 29,900円

内訳/ワンボックスカー12時間レンタル7,000円、高速・ガソリン料金3,000円、ダンボール費20箱4,000円、布テープ3巻900円、養生シート5,000円、友人などへのお礼(1名)10,000円

  • 家族 71,500円

内訳/2tトラックレンタル15,000円、高速・ガソリン料金5,000円、ダンボール費50箱10,000円、布テープ5巻1,500円、養生シート10,000円、友人などへのお礼(3名)30,000円

業者へ依頼した場合

  • 単身者 45,000円
  • 家族85,000円〜110,000円

一見、自力で引っ越した方が安く見えるけど、ちょっとまって!

[結論]格安の業者に依頼すれば、自力より安い!

おおよその引越し相場として算出してみました。数字だけでみると自力で引っ越す方が確かに安くなっています。ただここはしっかりと考えたいところ。

引越しは慣れない人がやるととても大変なものです。荷物に対してどのくらいの大きさの車両を用意すればいいか、運搬方法は大丈夫か。モノが壊れないか。荷物の搬出・搬入の際に、建物や部屋に傷を付けてしまったら大家さんや管理会社から修繕費の請求がされることもあります。自力の場合は荷物の破損や紛失などでも補償はありませんからね。引越し作業のリスクがある分、なにかあったら高く費用がついてしまいがちです。

格安引越し業者のトラックの画像引越しで使う車両も要注意。考えてみて下さい。普段トラックなど運転したことがない人が、狭い路地に入っていったり、上手に駐車して引越し作業ができるでしょうか。結構大変ですよ。事故をおこしたりしたら目も当てられません。

こうしてリスクといった“見えない部分の費用”を考えると、引越し業者を使った方が安上がりといえるかもしれません。引越し業者も数多くあり、中小の業者の中には格安で大手並みのサービスを提供している会社もありますからね。